読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

整然と営む冷凍都市の暮らし

そういってNumber Girlはギターソロに入るけれど、私にとってのギターソロ、つまりボーカルであり当事者である私の計画された安息が訪れることはない。

冷凍都市がそのまま東京を意味するのであれば、その冷凍都市に暮らしてもう8年になるが、私にとっての本当の意味での安息が訪れたことはあっただろうか。

22歳。私が確かに22歳であった頃に住んでいた街は高円寺であった。地方都市とも言えない地方の中でも地方に位置する陸の孤島で多感な時期(18歳から22歳)までを過ごした少年とも青年ともつかない私には似合いの街だったように思う。

手前味噌な話で恐縮だが、その地方中の地方において私はスターだったように思う。関西の端っこ、関西と言うことも憚れるようなどうしようもない街で私は確かにロックスターであったし、私はそれを誇りに思い、有利な関西地域の金融機関への捨て、東京の広告系ベンチャー企業への就職を決意したんだった。これは今思い出したことだけれど。

当時の話し相手といえば「社会」に対する認識の曖昧な後輩ばかりで、私は傲慢だったのだと思う。「こいつらが凄いと思えるような私であり続ける必要がある」という意味の分からないボーダーラインを設定していたこともさっき思い出した。結局、彼らが考えていたことは「この面倒臭い先輩をなんとかやりすごそう」という意見だったのかもしれないという考えに至ることが出来るまでに5年ほどの時間を要した。

5年、ちょうど私が27歳の頃をお話しする前に、22歳当時のことをお話ししたいと思うのだけれど、22歳の頃の記憶がトンと無い。22歳、私は何をしていたのかと考えることが今までになかったのかと言われると、きっとそんなことは無いのだろうと思うのだけれど、22歳当時の自分がおそらく、おそらくではあるけれども人生の中で一番ダサかったんだろうと思う。

22歳の私は、何でもなく、また何に憧れるでもなく、これといった友達もおらず、学生時代にそんなには飲まなかった酒を少しずつ覚えた、杉並区の端くれだったように思う。

22歳の頃、2月の末に東京高円寺に引っ越してからは、安息の地を探していたんだと思う。私にとっての安息の地の多くはラーメン屋であった。通い始めてすぎに地上げ屋に火をつけられたという噂のたったラーメン屋や、かつてライブハウスでブッキングを担当していたという店主のいるラーメン屋に通ったりしていたことも今思い出した。知り合った女を美味い店に連れて行くという習慣もなく、そのブッキング担当がやっているラーメン屋に連れて行ったことがあるような気もする。

その後、23歳になってからはそこそこに交友関係を築くことにも成功するのだけれど、22歳、東京で1人だった頃のことは未だに思い出す。22歳、給料も少なく、占有面積20㎡以内のロフト付き、クソみたいなワンルームに住んでいたことを、今も思い出すことがあるけれど、楽しいことばかりだったな。またあのクソみたいなワンルームに住んでみたいと思うこともあるけれど、あの頃のようには行かないんだろうな。

随分と冷凍都市の暮らしには慣れたつもりではあるけれど、結局、俺はあの街から逃げたんだと思う。

好きな曲

バンドをやっているんですね、どんなバンドですか。

DJをやっているんですね、どんな感じですか。

音楽が好きなんですね、どんな曲が好きですか。

仕方がないので紹介します。

www.youtube.com


www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

飲みすぎた次の日の話

飲みすぎた次の日は、落ち込む。それはもうとてもとても落ち込んでしまうので目も当てられないほどだと思う。重たい頭を抱えたまんま布団の中で「クソ」と口に出してみたり、「しょうがないか」と言いながら天を仰いでみたり忙しいほどに落ち込む。

知り合って間もない人たちにこの話をすると「君でも落ち込むことがあるんだね」と言うし、かつて俺を通り過ぎた女たちにこの話をすると「ああ、君はそういうところがあるね」と知った口を聞かれるのでどちらにしろ腹が立つ、のでこの話は他人にはあまりしないようにしている。

「当日の酒は人をハイにするが、翌日の酒は人をダウンさせる」と先輩が俺に言い聞かせてくれたのは俺が、夏、飲みすぎて屋外で寝て熱中症になった後だったか。

酒を能動的に飲むようになったのは22歳、就職で東京に出てきてからだと思う。大学時代は車移動も多かったのでそんなに酒を飲んでいなかったような気がするし。22歳、高円寺に住んでいた頃、東京に1人も友達がいない時に、酒を飲むようになったんだろう。

飲みすぎて後悔する次の日はだいたい一人。東京に一人で、何の成長もないことに落ち込んでいるのかしらね。

〜〜過ぎる、〜〜してみた

自宅で一人、コンビニで買った酒を飲んでいる。

普段「略語を使う人間はけしからん」と思っているけれど、コンビニのことをあえてコンビニエンスストア等と呼称することはすなわち、頬を刺す朝の山手通りみたいなことを言いたがる人たち、つまり、バンドを組んだ時に作ったホームページに「六弦、四弦、声弦、太鼓」みたいな記載をする人たちみたいな感じになってしまうので、もうコンビニのことはコンビニと呼ぼうかと思っている。こういう風な人たちにはポルカドットスティングのプロモーションビデオが踏み絵の代わりになるから是非試してほしいと思います。

これからの季節、「自動販売機で買う100円ちょっとのぬくもり」みたいなことを言いながら缶コーヒーの話をし始めるやつが出てくるからそれにも注意しなければならない。どうしようもなくダサいうえに使い古されている。味が出るにはまだ使い古され方が足りない。

美人すぎる〇〇みたいなことを言ったり、〇〇を歌ってみたと言ってみたり、どうにも最近の方々は過激だなと感じたことをここに書いてみようかと思ってみたりもしたんだけど、どうにも上手くいかない。

毎度毎度、何かを文章に残そうとした10分後にはそれが頓挫しているように思う。その原因が俺の学の無さにあるのかそれともそもそも酒を飲んだ状態で文章を打つということ自体が難しいことなのかはわからない。

唯一分かっているのは、高校ぐらいまでにモテなかった女が、化粧を覚えたり体質が変わったりして、急に男からお声がかかるようになった時、自己顕示欲が暴発して性交渉を繰り返し、性交渉の回数、経験人数こそが女の評価だみたいな顔をするようになることです。これは英語圏に留学経験を持つ女が全員ワンレングスの髪型になる事象と同じです。

京王線沿線、喫茶店にて

実際にあったことなのか私の夢だったのか。

 

渋谷区のうち、京王線沿線のあたりというと場所を特定できる方もいるかもしれないけれど、その京王線沿線あたりのカフェ。とは言っても格安喫茶店チェーンが展開しているちょっとだけ価格帯が高いカフェなので、たかがしれたものではあるのだけれど。

おそらくは出会い系サイトもしくはアプリで出会ったのであろうと思われる男女が入店した。女性は大柄で、バツイチで、「掃除は苦手だが料理は得意」だとのこと。男性は小柄で介護系の仕事に従事しているそうだ。さっきから女性は自分の話ばかりを展開しているが、時折自分でそのことに気がつくのか、「○○君はどう?」と質問を投げる。

「私、ネコ好きで、ネコ飼ってるんだけど、ネコアレルギーだし、ネコすぐ死んじゃうんだよね。○○君はどう?」

 

文字を打つのに飽きたのでこのあたりで。

 

自分で選んだ2015年の優秀tweet 5選

f:id:yolamaga:20151230215147j:plain

2015年も間もなく終わりますね。

今年も、ナッツリターンをはじめ、いろんなことがありました。

(中略)

1年を振り返る代わりに、私が厳選した私のtweetを紹介しますね。

 

美魔女と呼ばれるババア1人のために稼ぐよりは、20〜25歳ぐらいの女の子をとっかえひっかえするために稼ぎたいな

 

はしゃがないブスよりはしゃぐブスの方がやっかいだけど、「私はこの程度じゃはしゃがないわよ」って構えてるブスが最悪

  

世界の終わりと言ったらTMGEっしょ!チバさーん!とか言ってる人達が、映画「バードマン」に対してどう言い始めるのかを気にしています。

 

枯れてしぼんだ落ち目の花は、ちょっと世話すりゃまたひらく(都々逸)

 

うおおおおおおお!マリメッコ狩りだああああああ!

 

今年もお世話になりました。

2016年もよろしくお願いしますね。

ブログを開設する

多くのSNSをサバイブしてきた。

10代の頃はmixi、20代はFacebooktwitterinstagram

そして今、30歳を目前に控えてブログを開設する。